DSC_0252_20120901232534.jpgDSC_0212.jpg

MY WORLD

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/07

※重い日記です


なんかだめだな
こんなこと聞いた後だから感傷的になってるかもしれない。

全然泣けるシーンでもなんでもないところで大号泣
ただ"死"ってことに過敏になり過ぎてるのかも。


誰かに電話して事実を確かめようかなんてことも昨日は考えてた。
なんで、どうして、どうやってそうなったのか…
でも不思議ともう今はそんな気も起きない
知りたくないだけなのかもしれない

ただ、自然と実感が湧いてきた



昨日の夜、なんでか眠れなかったんだ。
もう2時とか回ってんのになにかがいづくて…

そしたらきのこから電話きて、ちょっと話して落ち着いた。
でもやっぱり言葉にすると気持ちが高ぶってしまってちょっと泣いてしまった。

心配してくれてありがとう

そこまで考えてるつもりはなかったんだけどやっぱり頭のどこかで考えてたんかな
それからは落ち着いて普通に眠りにつけた。



でもやっぱりわからない
他の選択肢は無かったんかなとか、どんな気持ちでそうしてしまったのか、とか無駄に考えてしまう。

もう遅いのに
考えたところでどうしようもないのに



前にもこんな風に1人で夜な夜な泣いてたこと会ったなあーって考えたら、ちゃいが死んだ時だ。
動物であれ人であれ、自分の前から誰かがいなくなるってすごく悲しい。

私は考え過ぎなんだろうか
何十回も何百回も会った人ではないけど、初めて会ったときから良くしてくれたし、可愛がってくれた。
成長させてくれたし、良い影響も沢山受けた。すごく優しい人だったからこれを聞いて涙を流す人は沢山いるんだろうな。

でも生命の重さってこうゆうことだよね。
私が死んだ時、こんな風に泣いてくれる人はいるのかな



きっとちゃいの時みたいにしばらくは引きずるかもしてない。
でも泣いたところでどうなる訳でもないし、ちゃんと事実を受け止めてしっかりしようって思った。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://csism.blog54.fc2.com/tb.php/445-b6cc7bbc

■  Profile

Diskoi
552939_153155214819064_1875064825_n.jpg

■  Twitter

■  Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  Search

■  Link

■  QRcode

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。